間違った薬を渡されて症状が改善しない

薬の間違い

私が胃の痛みを感じていたので診察を受けたところ、単なる胃炎であると診断されました。一応胃の薬を処方しますので、これをしっかり飲んで休んでくださいという話を受けたのですが、渡されている薬が間違っているものであり、別の病気に利用する薬だったことが後からわかりました。私は知らないまま服用していたことで、胃炎の症状が全く改善しないまま、薬を飲みきってしまいました。

医者と薬剤師の言い分

本来こうした状態は医療事故といえることなのかがわからないのですが、とりあえず医師の方に説明を聞いてみました。医師の方は、胃の薬を処方するように伝えていたので、薬剤師が間違って出したという話をしていました。しかし薬剤師は、処方箋に書かれている内容がその通りだったと言っており、全く食い違いが生じていました。本当にどちらが正しいのかもわからず、一体どうすればこの状態は解消されるのだろうかと不安に思っている状態が続き、対応もどんどん遅れてしまいました。

弁護士への相談を検討

本当に医療事故なのであれば、おかしいこととして話をしたほうがいいですし、治療に使ったお金くらいは返して欲しいと思います。どうしても話を聞いてくれないのであれば、相談をすることも大事なのかもしれないと感じ、弁護士を頼ることも考えています。相談をすることによって、もしかしたら医療事故として対応してくれるかもしれない気持ちがあります。