人工呼吸器が突然止まったのに気づかれず

人工呼吸器が突然止まる

私の知人ですが、母親が入院していたときに、人工呼吸器が突然止まる問題が起きてしまい、それによって一時的に呼吸困難の状態になったようです。呼吸器が止まってしまうと、新鮮な空気を送り込むことができないので、体にとって大変な状態になるのですが、全くその状態に気づかないまま放置されており、止まってから対応までが遅れてしまいました。一命は取り留めたものの、結局それによって脳に障害が残っているような感じで、ろれつが回らないような話し方になってしまいました。

医療事故を認めない

本来なら医療事故と言えることでもありますし、早々に対応してもらうことが必要と思っていたらしいですが、話をすると機械のトラブルであり、人為的な問題ではないという話をされてしまったのです。医師側がトラブルの原因を作っているとしか思えないのに、それについて全く認めないような状態であり、本当に事故を起こしているような自覚があるのかもわからないことを話していました。

弁護士へが相談に乗ってくれるのか

友人はどうしても医療事故を認めさせたいと考えており、どのような方法を利用すればできるのか考えているようです。一応弁護士に相談する方法があるとは伝えましたが、弁護士の方で対応してくれるのかわからないので、どうやって対応してもらうのか調べているところだと話をしていました。何とかしてミスを認めさせられるように、一応努力はしていくつもりです。