美容外科での脂肪吸引

貧血と皮下気腫

最近、美容外科で、脂肪吸引を下半身について行い、また豊胸術を自己脂肪で行いました。手術の翌日、極度の手術後の貧血によって、救急搬送されて入院しました。

その後、追加で治療を受けて退院しました。いろいろな検査を入院した病院で行った結果、貧血以外に皮下気腫が全身にあり、この感染についても恐ろしいこと、また、血栓が肺に飛んでいること、高いCK値であること、について説明を受けて2日間ICUに入りました。 輸血で貧血ついては治療しました。この場合の給料、入院費用などは当然保障してもらうつもりです。

手術費用は正当なのか

しかしながら、手術費用について、負担する必要があるのか疑問に思っています。手術の前の説明は、紙を渡されて読むのみで、医師から口頭での説明はありませんでした。また、全く皮下気腫に関しては説明がありませんでした。

医療事故の場合に支払う必要性

また、入院している際、事務の人が、ローンの解約等を、責任を持って行うと言ったにも関わらず、退院した後、態度が急に変わって、自分が虚偽申告を病名についてした、などという理由から、手術費を支払わなくてもいいという話はなしにして欲しいと言われました。

自分としては、説明が十分でない、確約を一度して撤回した、など不審なことが多く、手術費を支払う必要があるのか非常に疑問です。手術費は、このような医療事故の場合に支払う必要があるのでしょうか?